理念

「99%の努力と1%の才能」の本当の意味

投稿日:2018-03-29 更新日:

ビートたけしさんの言葉でしっくりきたものをアウトプットする。

たけしさんがある映画祭で受賞したときに「自分は天才だと思うか?」聞かれて答えたこと。

 

ある偉人が「天才とは99%の努力と1%の才能」と言った。

この意味は、99%の努力をしてこそ天才になれると受け取る人が多いと思う。しかし、本当の意味は違うと思う。

99%の努力をしても1%の才能がなければ天才にはなれないのだ。それほどたった1%の才能というものは重いものなのだ。

我々ができることは99%の努力ぐらい。ならばせめて99%ぐらい努力しようというもの。

会場は万雷の拍手に包まれたという。

実際、たけしさんは飲みにいったあとも、シャワーを浴びて酔いをさまして、ネタ帳に向かっていたという人知れず努力をしていたエピソードがある。

努力なんてしなくてよい。あなたはあなたのままで価値があるーー。そういう論調があるし、それも言えると思う。しかし、だれかの望むものを実現して感動を呼ぶ、そういう価値が大きい人間になりたいのなら努力はいるだろう。

それで、それは志をもって没頭できるものならば、脳内麻薬のごとく努力がそのまま、快楽になるのだ。

自分にとってそれは何か。みつけられたら、ゲームをする感覚で達人になって、それで人が感動するレベルにできれば、お金も自由も豊かになれる。

この星はそういう仕組みになっている。

「よっしゃー!」。あなたが没頭できるものを人の「感動」にまで高めれば、お金と自由への道がひらける

-理念

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

達人の眼を持つ

GWを終え、また一週の仕事がはじまる おはようございます。 また、新しい週がはじまりました。 朝、普通に起きられて命が続いていることに感謝している私ひでおです。 今週もどうぞよろしく。 GWは楽しかっ …

一瞬でも死にたいと思ったら

こんばんは。 あんまり聞きたくないタイトルですが、そういうことを少しでも思ったことがある人、口にしたことがある人。 それは、どこかにあるのだ。その思いが。 そして、それを笑って「大丈夫 大丈夫」とかき …

一気に男をあげる(人間力をあげる)方法

人生にはいろんなことが起こる。 時々に、いろんなマイナスな環境や人の態度や言葉に感情を動かされそうになる。 そこからが実は分岐なのだ。 実は思いっきりマイナスなことが起こったときがチャンスなのだ。

菊池桃子のストーカー被害を中年男の目から

菊池桃子さんのストーカー被害をニュースで知った。容疑者は元タクシー運転手の無職56歳の男性だという。お粗末すぎないか。大人としてどうなんだろう。何重ものありえなさが残る。 男性はタクシー運転手のときに …

一歩進むか一歩退くかは「二歩」違う

いま、ストレッチジムに通っている。 長くデスクワークをしてきた私はずいぶんと体が硬いのだ。 専属トレーナーさんもつけて、ほぼ週一回。もうすぐ半年になる。 このときに気づいた話を書く。 筋肉の硬さをやわ …