お金と自由のこと

貯金口座の減りが気になるあなたへ

投稿日:2018-03-19 更新日:

これまで生きているということはだいたいお金が入って来たということ。

世の中全体のお金の水面にだいたい浸かって乾きもせず、溺れもせずに生きてきた。

これはすごくないか?

生きてきた時間は何十年。赤ちゃんのときから何もできなくても生かされてきた。愛のなかにいたのだ。生きていいよとお金がまわってきたのだ。

それで、貯金口座にいくらかある。それを使かうことはどういうことか。

これを口座残高だけで不安を感じていては不自由ではないかと思うのだ。

いくつかの視点で考える。

 

1、銀行口座に1円以上ある人。あるという時点ですごいこと

何十年生きてきてプラスということはすごい。生きるために一体いくら使ってきたか。十分豊かさを享受してきたことを感じよう。スマホもインターネットも最初はすごく高かったけど、今はそれを享受できるだけですごい贅沢で素敵だ。

はじめに書いた、世の中のお金の水面でずっと生きてきていることに豊かさを感じれるのだ。

2、口座がマイナス、もしくはカードローンなどで借金をもつ人。お金は入ってくることに気づくこと

焦る気持ちは生まれがち。ただ世の中には絶対にお金が入ってくる道があるし、生きていくだけのお金は入ってくるのだ。だから何十年も生きてこれたのではないか。

お金が入ってくる道を広げるには、ただ一つが大事。それは「お金を払ってでも欲しい」と思われるものをつくること、またはすでに持っていることに気づくことだよ。

誰でもそういうのもっているし、作れるのだ。超細かい話を書けばワシは、どこの家にもある「ゴミ」に見える「あるもの」をメルカリで売って月5000円ぐらいは得ることができる。発想の転換。

そういう副収入がなくても、何より普通は基本の収入があるはずでしょう(だから生きてこれたんですよね)だし、入ってくる分より使う分を減らせば溜まったいくよね。だから散財をやめれば生きている限りは溜まりますよ。

単にケチケチするのではなくて、刺激だけの「散財」はやめた方がいいのでは?という話だ。自分が満たされる経験なら使えばいいと思う。

3、萌えることに使う。満たされた「経験」は返ってくる。

自分が「経験」したい未知の世界、よくわかっていて求めたい「経験」。そういうもの、心から萌えるものには使えばいいと思う。

飛行機は乗らないと飛ぶ感覚は感じられない。海外にはパスポートを作って足を踏み入れないとそれを体感できない。優良の教材やレッスンには、そこでしか得られない「経験」がある。

心から望む「経験」を自分のものにできてこそ、新しい自分になれるのだ。それは無駄ではない。そのためにお金を払った相手はその分豊かになっていただける。感謝の関係だよな。

 

それで、ここからが大事。自分が萌える「経験」をしたことは自分を上等にして、また誰かに喜んでいただけるのだ。そうすれば、、、、

またお金も入ってくるのだよ。

-お金と自由のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

借金50万を貯金50万に 第2回 『一生お金に困らない生き方』との出会い

個人口座の借金が頭をもたげる。 家族にも全く話していない。 自分がいま急に交通事故で死んだら家族は驚くだろうし、自分を恨むだろうか。 どうも、自分としてマイナス、マイナスに考えてしまう日々が続いていた …

お金持ちになる超簡単な方法 その3

前々回の【お金持ちになる超簡単な方法その1】では、口癖を変えることで現実が変わりはじめますよというお話を書きました。 前回の 【お金持ちになる超簡単な方法 その2】は、身のまわりのもの少しずつでもお金 …

お金持ちになる超簡単な方法 その2

前回の【お金持ちになる超簡単な方法その1】では、口癖を変えることで現実が変わりはじめますよというお話を書きました。 今回は実際にお金持ちになっていく方法を書きます。    スイカの残額を上げ …

借金50万を一気に貯金50万に変えた実話

会社員生活20年以上。スーツは二着で一着はダメになった。働くのは自分だが収入は全て妻に預け、毎月の小遣い3万だけもらっていた。散髪は1000円カットで白髪は染めず目立っていた。毎月の小遣いが3万円で、 …

自由に生きるたった一つの方法

自由に生きるためには本当は最低限以上のお金はいらない。 ある方法を身につけるだけで、強くなれるし、無駄遣いもなくなるし、自由を広げてお金も入ってくる。 その方法とはたった一つ。 「自分の人生を自分で選 …